11:36 2020年08月05日
経済
短縮 URL
0 10
でフォローする

7日、世界の原油価格が下落している。投資家らは、アブダビで8月7、8両日に開かれる石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の協調減産監視委員会の会合を待っている。

スプートニク日本

ビットコイン
© Sputnik / Vladimir Astapkovich
日本時間13時27分の時点で、北海ブレント原油先物10月限の価格は、0.36%安の1バレル=52.23ドル、WTI原油先物9月限の価格は、0.34%安の1バレル=49.41ドル。

委員会は会合で、減産に関する各国の義務の履行を議論する計画。

原油関連のニュースはこちら

 

タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント