00:07 2017年10月18日
東京+ 13°C
モスクワ+ 11°C
    石油

    IEA、2017 / 2018年の原油需要見通しを下方修正

    © 写真: Pixabay
    経済
    短縮 URL
    0 36510

    国際エネルギー機関(IEA)が8月の報告で、今年度の原油需要見通しを前月比40万バレル減の、9760万バレル/日まで引き下げた。

    スプートニク日本

    2018年度の需要見通しもまた、40万バレル減の9900万バレル/日に引き下げた。IEAは一方、OPEC非加盟国による石油供給量の見通しを10万バレル増の、5960万バレル/日に引き上げた。

    前月のOPEC加盟国による原油生産量は23万バレル増の3280万バレル/日で、1月以来最多となった。OPEC加盟諸国による、減産遵守率は目標の75%に低下、OPEC非加盟国では目標の67%に下がった。

    このニュースを背景に、原油価格が世界各地で下落している

    タグ
    経済, 石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント