07:18 2018年09月19日
原油価格、先週の急騰後に下落へ

原油価格、先週の急騰後に下落へ

© REUTERS / Sergei Karpukhin
経済
短縮 URL
0 20

21日、原油指標銘柄の価格が18日の急騰後、緩やかに下落している。

スプートニク日本

急騰の要因となったのは、エクソンモービルが米国にある最大級の製油所の一つを閉鎖するという未確認の情報。マーケットウォッチが伝えた。

また先週の米石油掘削装置(リグ)稼働数は、前週比5基減少の763基となった。米石油サービス会社「ベーカー・ヒューズ」が公表した。

日本時間21日14時までに、ロンドンに本拠を置くICEフューチャーズでは、ブレント原油先物10月限の価格が0.05ドル安の1バレル=52.67ドルとなり、ニューヨーク・マーカンタイル取引所では21日午前、WTI原油先物9月限の価格が、0.01ドル安の1バレル=45.5ドルとなった。

タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント