17:37 2019年12月11日
ビットコイン

ビットコイン価格の中長期的見通し=米アナリスト

© AFP 2019 / Yiannis Kourtoglou
経済
短縮 URL
0 20
でフォローする

米Fundstrat 社の創設者、トム・リー氏の見通しでは、2018年中頃までに、ビットコインの価格は6000ドルに達する可能性がある。ビジネス・インサイダーが報じた。

スプートニク日本

リー氏は「この時までにビットコインの価格は、主にその支払手段や価格維持方法などの情報が急速に拡散することで、29%増となる。2022年までに『デジタル・ゴールド』であるビットコインは2万5000ドルまで値上がりする」との見通しを出した。

ビットコインの価格上昇はまた、機関投資家からの関心と伝統的なファイナンス分野への着実な導入によっても促進されるという。

リー氏は「諸中央銀行は、ビットコインの時価総額が5000億ドルになった時に態度を変える」と述べた。

リー氏の予測の根拠にはメトカーフの法則がある。それによると、ネットワーク通信の価値はユーザー数の2乗に比例する。リー氏の評価によると、2018年までにビットコイン所有者の数は50%増加する。

「現在デジタル通貨は過剰に買われている。今月末には価格のボラティリティ(変動性)が急上昇する可能性がある。」

関連記事

暗号通貨ビットコイン・キャッシュが一日で6割超の値上がり

ビットコインが米ドルに代わる日は近い? とうとう4千ドルを突破

タグ
ビットコイン, 経済
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント