01:42 2018年09月22日
ビットコイン

ビットコイン取引 匿名性の隠された脅威が見つかる

© Fotolia / igor
経済
短縮 URL
0 53

匿名ユーザー追跡手段に関する米プリンストン大学の最新の研究によると、インターネットサービスが、ビットコイン・ウォレット所有者が誰であるかを特定する手助けをするデータを収集している。

スプートニク日本

特定の取引に関係する人物を見つけるには、Cookie ファイルの情報へのアクセスを得るだけで充分であることがわかった。コーネル大学図書館のホームページで伝えられた。

専門家が調査した140サイトのうち107サイトが、40の組織にデータを提供しており、30サイト以上で個人のビットコインアドレスや支払い額の情報収集が可能だという。

ユーザー情報を受け取っている企業には、BlockChain.info、グーグル、RevJet、アメリカン・エキスプレスなどが含まれていることがわかった。

なお、ほとんどの場合、「ゼロコイン(Zerocoin)」のようなセキュリティサービスがあっても、ニックネーム、名字、名前、電子メールアドレス、電話番号に関する情報が提供されているという。

専門家らは、匿名性を保つにはビットコイン・ウォレットをTorブラウザと同期させ、同ブラウザの設定と更新に関する推奨事項に従い、外部インターネットでの取引を行う手順を一切やめるようアドバイスしている。

先の報道によると、ビットコインに代わるものとポジショニングする新たな仮想通貨「クラウドコイン」の展望について、開発者の1人であるセルビア人エンジニア、ラドバン・バイイチ氏が論じた。

タグ
ビットコイン, ハッカー, インターネット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント