10:53 2018年08月19日
シュワロフ第1副首相

ロシアは仮想通貨ルーブル作成で西側の経験を考慮する 露副首相

© Sputnik / Alexander Astafyev
経済
短縮 URL
0 63

ロシアのシュワロフ第1副首相は、仮想通貨ルーブルが存在するべきだとの確信を示しており、内閣は外国の経験を参考にしながらこの方向性で慎重に作業する。通信社スプートニクが報じた。

スプートニク日本

シュワロフ氏は「私は仮想通貨の支持者であり、仮想通貨ルーブルが存在するべきだと考えている」と述べた。

同氏は、ロシアでの仮想通貨開発は「国の経済を危機に陥れるのではなく、経済をより強くするもの」であるべきだと強調した。

またシュワロフ氏は、ロシア当局はスウェーデンやグルジアなどの外国の経験に基づいていると指摘し、「我々はライバルを注視しており、どこで我々が彼らを追い越せるか見ている」と強調した。

先の報道によると、国際標準化機構(ISO)は昨年、ブロックチェーン技術の国際標準を作る特別委員会を創設。

タグ
ビットコイン, 経済, イーゴリ・シュワロフ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント