11:34 2017年09月25日
東京+ 25°C
モスクワ+ 4°C
    原油

    国際原油価格下落 「イルマ」ハリケーン後の需要評価を受け

    © Fotolia/ Sergiy Serdyuk
    経済
    短縮 URL
    0 50910

    国際原油価格は12日午前、ハリケーン「イルマ」が米国を直撃後、同国内の石油精製施設復旧を背景に市場で今後の需要が評価される中、売り傾向が強くなっている。

    スプートニク日本

    日本時間13時36分時点のブレント原油11月先物価格は0.2%下がり1バレル53ドル73セント、WTI原油10月先物価格も0.17%値下がりして1バレル47ドル99セントの値を付けている。

    原油関連のニュースはこちら

    タグ
    金融, 経済, 石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント