08:54 2019年10月18日
三菱

三菱自動車のカルーガ工場 従業員数およそ1.5倍に増加へ

© Flickr/ viZZZual.com
経済
短縮 URL
0 61
でフォローする

三菱自動車は、2018年初頭からロシアのカルーガにある工場の生産を1交代制から2交代制に移行し、従業員数を44%増やす計画。三菱自動車の益子修CEOが発表した。

スプートニク日本

益子氏は、現在カルーガ工場では約1000人の従業員が働いているが、生産拡大のために2018年1月までに従業員数をさらに440人増やす計画であることを明らかにした。

益子氏は、11月にカルーガでSUV「パジェロスポーツ」の組み立てが再開するため、生産が大幅に増加する見込みだと説明した。

先の報道によると、日本で「三菱アウトランダー」の特別仕様車「アクティブギア」の販売が開始された。

タグ
自動車, 三菱, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント