07:35 2020年08月06日
経済
短縮 URL
0 02
でフォローする

地元マスコミによると、ビットコインを使った世界で初めての不動産購入取引の対象となった物件は、米テキサス州の州都、オースティン中心部にある建設が終わったばかりの建物。

スプートニク日本

取引の手続きに関わった仲介人は、不動産取引分野での自身の33年にわたるキャリアの中で、今回の取引は最も短い時間で成立したと語った。

それによれば、ビットコインでの送金後10分間で、ビットコインが米ドルに換金され銀行口座に振り込まれたという。

先の報道によると、仮想通貨ビットコインの日本市場が、世界の取引高の約半分(47.7%)を占める最大規模となった。

タグ
ビットコイン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント