01:25 2020年04月02日
経済
短縮 URL
筆者 :
0 150
でフォローする

日本はもとより、欧米や東南アジアでトラック・バスといった商用車の高シェアを誇る日野自動車。ロシアにも2008年に現地法人を開設し、トラック販売を行なってきた。現在1万2千台のHINOブランドのトラックがロシア中を走っている。ロシア市場は今後も成長拡大が予想されるため、組立工場を建設し現地生産を行なうことになった。

スプートニク日本

ロシア自動車業界の調査研究・分析を行っている「オートスタート」社のアザト・チメルハノフ広報部長は「2017年の1月から9月までで日野トラック(新車)は750台売れており、2016年の同時期に比べて55パーセントの伸びを見せました。ロシア全体のトラック市場の伸びは47パーセントだったので、それよりも良い数字です」と話している。長く続いたロシア自動車業界の不調は2016年に底を打ち、現在はゆるやかな回復段階にある。

日野ロシアの大森啓之社長はロシア現地法人の立ち上げに関わった後、2015年2月にモスクワに赴任した。業界が低迷する苦しい時期のトップ就任だったが、ロシア人が好む現代音楽や伝統絵画への造詣を深めてロシア人のメンタリティを理解し、ロシア語の習得に励み、ディーラーたちと通訳を介さず会話するなど、ロシア風コミュニケーション術を身につけて親密な関係を築いてきた。そんな折、以前から出ていた組立工場を作る件について、ようやく機が熟した。

日野ロシア・大森啓之社長
© 写真 : Hino Motors Sales
日野ロシア・大森啓之社長

大森氏「半年間かけて30か所の工場建設候補地を見てまわり、最終的にはモスクワ州ヒムキ市に決めました。オフィスからも近く、街も発展していて人口も多いため、従業員の採用にも便利だと思います。彼らには安全と品質を重視したトヨタ生産方式の教育を受けてもらいます。工場で中心的役割を担うロシア人従業員は、日本または他国の日野工場で研修を受け、現場で仕事を学ぶことになります」

工場の着工は2018年の春。稼動開始は2019年を想定しており、小型・中型合わせて年間2000台のトラック生産を見込んでいる。投資総額は10億ルーブル(約18億9千万円)になるとみられる。モスクワ州は大歓迎ムードで、モスクワ州のアンドレイ・ヴォロビヨフ知事は「工場建設地に選ばれ、大変な名誉です。我々ができることは全てやります」と喜びを隠さない。大森氏も「モスクワ州政府にはきわめて親身かつ強力なサポートをいただきました。外資系企業にとって、ロシアの投資環境は良いと感じています」と応じている。

モスクワ州と日野ロシア、協力契約の調印式
© 写真 : Hino Motors Sales
モスクワ州と日野ロシア、協力契約の調印式

新工場では、ロシア側が切望しているローカリゼーションを積極的に進める予定だ。大森氏は「スタート時はオイル・冷却水や、タイヤ、ディスク、バッテリーなどの現地調達を予定しています。多品種少量生産がネックではありますが、現地調達の品目拡大は今後段階的に検討したいと思います」と話す。

ロシアのトラック市場全体で見れば「ガズ」「カマズ」など国内大手メーカーのシェアがまだまだ高いが、日野トラックは壊れず長持ちする耐久性が高く評価されて信頼を勝ち取っている。ロシア郵便やコカコーラ、ビールメーカーの「バルチカ」、高級スーパーチェーン「アズブーカ・フクーサ」など、数々の大手企業が日野トラックを採用しており、新工場稼動のあかつきには、より競争力が増すだろう。

大森氏は「若くて挑戦を恐れない意欲的なスタッフが沢山いるので、日野ロシアは活気にあふれています。これからも、ロシアの企業市民としてお客様のビジネスに貢献できるよう全力を尽くします」と意欲を燃やしている。

  • 展示会「COMTRANS2017」
    展示会「COMTRANS2017」
    © 写真 : Hino Motors Sales
  • シルクウェイラリーでモスクワから北京まで
    シルクウェイラリーでモスクワから北京まで
    © 写真 : Hino Motors Sales
  • 寒冷地でもバッチリ走行!
    寒冷地でもバッチリ走行!
    © 写真 : Hino Motors Sales
  • ディーラー会議のひとコマ
    ディーラー会議のひとコマ
    © 写真 : Hino Motors Sales
1 / 4
© 写真 : Hino Motors Sales
展示会「COMTRANS2017」

 

 

 

タグ
露日経済協力, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント