19:13 2017年11月21日
東京+ 9°C
モスクワ+ 0°C
    仮想通貨

    ロシアで「ハラール」暗号通貨検討

    © Fotolia/ Wit
    経済
    短縮 URL
    248141

    ロシアで今後2年以内に「ハラール」、つまりイスラム法で許された暗号通貨が創設される可能性があると、ロシア・イスラム教神学者会議でイスラム経済金融を担当するマディナ・カリムリナ顧問が述べた。

    スプートニク日本

    カリムリナ氏は、「イスラム法の基準はこのテーマをまだカバーしていないが、今後2、3年でルールが確立される見通しもある」と語り、「現在このテーマはロシアのイスラム教共同体で非常に広く話題になっている。特にカフカス地方では、イスラム経済の専門家が会合で常に議論を行っている」と述べた。

    カリムリナ氏によると、最近いくつものイスラム教国で暗号通貨の取引所が開設された。例えばアラブ首長国連邦(UAE)に拠点を置きクウェート、バーレーン、サウジアラビアでサービスを展開している「BitOasis」や、インドネシアの「Bitcoin」、マレーシアの「Coinbox」などが、暗号通貨と関連したサービスを提供している。

    「イスラム法(シャリーア)」とは、教えを定め、またイスラム教徒の道徳的価値観を形づくる指示の総体である。

    イスラム銀行の原則では、投機を行うことやアルコール・たばこに関する事業に投資することは禁止されている。イスラム教徒は高利貸業を営むことを禁止されているため、イスラム銀行は利子を取って金銭を貸すことはない。

    関連ニュース

    世界で初めてビットコインで市民権の販売を始めた国はどこ?

    日本 ビットコインで電気料金支払いが可能に

    タグ
    ビットコイン, イスラム教, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント