04:50 2021年02月27日
経済
短縮 URL
0 101
でフォローする

南クリル諸島(北方4島)での露日共同経済活動の実現に向けて10月下旬に日本の調査団が現地を訪問した際に、ロシア側が「国後島の火山観光や、択捉島の温泉ツアー、カニやウニの養殖などを事業案として日本側に示した」ことがわかった。3日、共同通信が報じた。

スプートニク日本

共同通信によると、調査団は10月27日にはクナシリ島の火山、翌28日にはエトロフ島の温泉やホテルを観光、また水産工場を訪れた。ロシア側は、「火山観光や温泉ツアー、カニやウニなどの養殖」を日本側に提案したが、「道路やホテルなど基本的なインフラの整備や、日本の進出を警戒する地元企業との調整」などが課題として上がったという。

関連ニュース

クリル諸島になぜロシア海軍基地が必要なのか?

タグ
露日経済協力, 露日関係, クリル諸島
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント