05:35 2018年06月23日
OPEC元事務局長、今後の原油価格の見通しを語る

OPEC元事務局長、今後の原油価格の見通しを語る

© REUTERS / Sergei Karpukhin
経済
短縮 URL
0 02

石油輸出国機構(OPEC)の元事務局長レネ・オルティス氏は「スプートニク」に対し、2015年以来の水準に達した原油相場の上昇は、原油需給バランスが回復したことから今後も続くとの見方を示した。

スプートニク日本

同氏は「EUとアジアの経済成長が強まっていくことが認められ、(原油)需要は拡大傾向となっている」と述べ、OPEC加盟国やロシアなどの非加盟国の産油国が日量180万バレル相当の協調減産を定めたアルジェリア合意は「2018年にはおそらく必要とされないだろう」と予想。

そして原油価格が上昇している原因として、水圧破砕法が用いられている油井の状態や、OPEC加盟国が常に義務を履行していること、原油需要も「うまく機能している」ことを挙げた。

先日の報道ではロンドン市場のブレント原油価格が1バレル64ドルを超えたことが伝えられていた。

タグ
経済, 石油, OPEC
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント