00:41 2018年09月27日
ビットコイン

ロシア、ビットコイン・シティ建設を検討

© REUTERS / Benoit Tessier/Illustration/File Photo
経済
短縮 URL
294

ビットコインのマイニング(採掘)に特化した町がシベリアかロシア極東に建設される可能性がある。RTが16日に報じた。

スプートニク日本

露下院ボリス・チェルヌイショフ氏は、マイニング・シティにより、ロシア市民が収入を増やし、国家予算を補充することができるとした上で、「中国などとの国境沿いにこうした居住地を建設すれば、大きな関心をすぐにでも引き起こし、ビジネス旅行者の波が現れるだろう。こうした場所はビジネス・フォーラムとなり、海外からの投資をもたらす」と述べた。

チェルヌイショフ氏は、町が大型水力発電所の近くに作られる必要があると指摘。具体的な場所は関係省庁や専門家、民間の投資家によって決定される。

チェルヌイショフ氏によると、将来的にはロシアのマイニング・シティを基底として、米国のシリコンバレーから「トップの座を奪い取る」突出した技術の集積する場所が作られる可能性がある。氏は、仮想通貨市場がまだロシアの法律によって規制されておらず、街を建設した後に修正する必要があると指摘する。

チェルヌイショフ氏によると、12月末、露下院で初の全世界からのマイナー(採掘者)が集まる会議が開かれる。会議には米、ベラルーシ、ウクライナ、シンガポール、その他各国からの出席が予定されている。

関連記事

原発付近にマイニング工場、クリプトルーブルと日本のビットコイン流通経験 仮想通貨がいかに私たちの生活を変えるか、ネットオンブズが語る

10万のベネズエラ市民、経済危機から食費のためビットコイン採掘を開始

タグ
旅行, テクノ, びっくり, 経済, ビットコイン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント