20:26 2020年10月22日
経済
短縮 URL
1112
でフォローする

日本政府は、露日共同経済活動として南クリル(北方領土)でイチゴの温室栽培を行う調整に入った。読売新聞が報じた。

スプートニク日本

日本側は温室栽培に必要なノウハウを提供する予定。

日本はまた、生産における地元当局と住民の協力を期待している。

北海道では7月から11月にかけてイチゴの温室栽培が行われている。

輸送コストがかかっても、収益があると見込まれている。

関連ニュース

日本の調査団が共同プロジェクトに向けクリルで57カ所を視察

タグ
食事, 日本, ロシア, クリル諸島
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント