02:31 2018年06月24日
北海道

サハリン-北海道をつなぐ連絡路 少なくとも7年は必要 露交通相

© Sputnik / V. Kiselyov
経済
短縮 URL
0 82

ロシア交通省のマクシム・ソコロフ大臣は、ロシアのサハリン島と日本の北海道をつなぐ連絡路建設プロジェクトの実現は少なくとも7年を要すとの考えを示した。

スプートニク日本

ソコロフ交通相は22日、記者団に対して、「企画開始から少なくとも7年…。すべては作業、深さ、土壌の調査にかかっている」と答えた。

サハリンと北海道をつなぐ連絡路の建設については様々な政治レベルの会合で話し合われている。

プーチン大統領は6月15日の国民との直接対話の中で、サハリンとロシアの大陸部をつなぐ道の建設という以前からのアイデアの蘇生を現政権が図っていることを明らかにしていた。

シュヴァロフ第1副首相も9月初めにロシアは日本に対して、北海道からサハリン南部までを自動車と鉄道で渡ることのできる連絡路の建設の可能性を検討するよう提案すると語っていた。

関連ニュース

露日平和条約締結は「両国に大きな利益」=安倍首相

タグ
露日経済協力, 露日関係, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント