09:27 2017年12月12日
東京+ 4°C
モスクワ+ 0°C
    原油

    原油価格、在庫減少による高騰後に下落

    © Fotolia/ Plysuikvv
    経済
    短縮 URL
    0 0 0

    23日午前、世界の原油価格は米原油在庫がアナリストらの予想を超えて減少したことを受けた記録的高騰を修正する形で下落している。

    スプートニク日本

    日本時間13時52分時点で、ブレント原油1月先物価格は0.25%値下がりし1バレル63ドル16セントに、WTI原油1月先物価格も0.21%下落し1バレル57ドル90セントの値をつけている。WTI原油先物価格は2015年7月1日以来初めて1バレル58ドル台に値上がりしていた。

    22日、米エネルギー省は戦略備蓄を除いた国内の商業用原油在庫の17日までの週間統計を発表し、同原油在庫が190万バレル、率にして0.4%減少し、4億5710万バレルとなったと発表した。アナリストらの事前の予想では、150万バレル、率にして0.3%の減少にとどまり、同原油在庫は4億5750万バレルとなるとされていた。

    原油関連のニュースはこちら

    タグ
    金融, 経済, 石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント