20:08 2018年06月22日

中国と北朝鮮の10月貿易総額36%減 国連制裁決議が影響

© REUTERS / Damir Sagolj
経済
短縮 URL
0 32

中国と朝鮮民主主義人民共和国との10月の貿易総額は前年同月比で36%減少しの約3億3490万ドル(約370億円)になったことが中国税関総署の統計でわかった。国連安全保障理事会で採択された制裁決議の影響を受け、北朝鮮の貿易が圧迫されている様子が示された。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

北朝鮮からの輸入額は、2014年1月以降で最も低い約9075万ドル(62%減)。輸出額は約2億4420万ドル(15%減)だった。

国連安全保障理事会は8月、北朝鮮が行った大陸間弾道ミサイルの実験を受け、北朝鮮に対する新たな制裁決議を全会一致で採択した。制裁決議では、北朝鮮の主産品である石炭、鉄、鉄鉱石、海産物の輸出を全面的に禁止するのが柱で、輸出総額の約3分の1が削減されるとみられる。この制裁決議が影響したとみられる。

関連ニュース

中国、9月も北朝鮮産石炭輸入 国連決議で禁止

中国国際航空、平壌便の運航を中断

タグ
貿易, 経済, 制裁, 北朝鮮, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント