11:16 2018年09月22日
国際原油価格 OPEC加盟、非加盟国会合の産油制限の結果待ちで多方向の値動き

国際原油価格 OPEC加盟、非加盟国会合の産油制限の結果待ちで多方向の値動き

© Fotolia / Ded Pixto
経済
短縮 URL
0 0 0

国際原油価格は24日午前、OPEC加盟、非加盟国の石油、エネルギー省大臣らの会合で今後の産油量の縮小がどう決まるかに投資家らの注目が集まり、多方向の値動きを見せている。

スプートニク日本

日本時間13時51分の時点でブレント原油1月先物価格は0.27%値下がりし、1バレル63ドル38セントに、逆にWTI原油は0.76%値上がりし、1バレル58ドル46セントの値を付けている。

トレーダーらは引き続きOPEC加盟、非加盟国の産油制限に関する会合の動向に注視している。会合の実施は11月30日、ウィーン。

原油関連のニュースはこちら

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント