01:33 2018年07月17日
石油

国際原油価格が下降へ OPEC加盟、非加盟国会議の行方の不透明感に反応

© Flickr/ Dana Schagunn
経済
短縮 URL
0 21

国際原油価格は28日、OPEC加盟、非加盟国会議の産油制限の行方が不透明なことに合わせ、米国の石油産業部門に関するニュースを反映して値下がりしている。

スプートニク日本

日本時間14時43分、ブレント原油2月先物価格は0.27%下がって1バレル63ドル21セントに、WTI原油1月先物価格も0.53%下がって1バレル57ドル80セントの値を付けている。

トレーダーらはOPEC加盟、非加盟国全24か国の石油・エネルギー相らの会合で決められる今後の産油制限の行方を見守っている。会合は2日後の30日、ウィーンで行われる。

原油関連のニュースはこちら

 

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント