12:03 2018年09月21日
国際原油価格は値下がり 金曜終の急上昇からクールダウン

国際原油価格は値下がり 金曜終の急上昇からクールダウン

CC0 / Pixabay
経済
短縮 URL
0 0 0

先週はOPEC加盟、非加盟国の会合で減算合意の延長が決まったことから、石油市場の需給バランスが著しく改善されるとのトレーダーの楽観が続いたものの、専門家らの間では米国のシェールオイルの増産がOPEC加盟、非加盟国の尽力に水を差すとの警戒感が依然として残っている。

スプートニク日本

日本時間14時15分の時点でロンドンのインターコンチネンタル取引所ではブレント原油2月先物価格は0.56%値下がりし、1バレル63ドル37セントの値を付けた。先週末の終値は1.76%値上がりして1バレル63ドル73セントだった。

またWTI原油1月先物価格も0.43%値下がりし、1バレル57ドル93セントの値を付けた。先週金曜の終値が1.67%も上昇し、1バレル58ドル35セントだった。

原油関連のニュースはこちら

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント