15:49 2018年10月22日
原油

国際原油価格 最高値を再更新後、修正で下落

© AP Photo / Hasan Jamali, File
経済
短縮 URL
0 0 0

国際原油価格は26日、前日に最高値を記録した後、ダボス会議でのトランプ米大統領の発言を受けてドルが多少安定化に向かったことをに反応して、下落に転じている。

スプートニク日本

日本時間14時27分の時点でブレント原油3月先物価格は0.28%値下がりして1バレル70ドル21セントに、WTI原油3月先物価格も0.23%下がって1バレル65ドル36セントの値を付けている。前日25日、ブレント原油は71ドル05セントに達し、2014年12月3日の71ドルの最高値を超えた。WTI原油も12月5日以来初めて66ドルのレベルを超えた。

トランプ米大統領は25日、ドルはますます高値を更新すると宣言し、その結果、強い米国通貨を目にすることを望んでいると語った。

原油関連のニュースはこちら

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント