04:59 2018年09月26日
石油

国際原油価格が下落 米国連邦準備制度プロトコルの発表後

© AFP 2018 / Karen Bleier
経済
短縮 URL
110

国際原油価格は22日、 米国の連邦準備制度の会議のプロトコルが発表された後、下落し、投資家らも先週の国内の原料備蓄の統計結果待ちの姿勢を見せている。

スプートニク日本

日本時間14時57分現在で、ブレント原油4月先物価格は0.69%安の1バレル64ドル97セントに、WTI原油4月先物価格も0.96%安の1バレル61ドル09セントの値を付けている。

全日21日夜、米国の連邦準備制度の連邦公開市場委員会は米国経済の成長を考慮し、この先、政策を厳格化することは合目的的という見解でまとまった。

原油関連のニュースはこちら

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント