09:00 2018年10月17日
穀物

中国、30年前に停止のロシア産小麦輸入を再開

© Sputnik / Sergey Venyavskiy
経済
短縮 URL
1150

中国国家質量監督検験検疫総局(AQSIQ)は6地域からのロシア産小麦の輸入を許可すると発表した。禁止が解かれたのは以下の地域。

スプートニク日本

チェリャビンスク州、ノヴォシビルスク州、オムスク州、アムール州、クラスノヤルスク地方、アルタイ地方。

中国は1976年にロシアからの小麦輸入を禁止。市場開放の協議は2006年から開始され、2015年11月1日に双方が6地域からの小麦輸出再開で一致した。

ロシアは世界有数の小麦輸出国。2016年には小麦輸出量で首位に立った。

2017年、ロシアからの小麦輸出量は過去最多の3300万トンとなった。これを上回るのは過去25年間で1993年(3570万トン)と2013年(3310万トン)の米国による輸出だけだ。

関連ニュース

中国が米国向けに遺伝子組み換え米の提供を準備

中国国家主席の「連続2期」制限の撤廃を提案 中国共産党中央委員会

タグ
経済協力, 中国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント