14:42 2018年08月17日
「サハリン2」プロジェクト

三井物産、ロシアのLNGプロジェクトに関心を示す

© Sputnik / Sergey Krasnouhov
経済
短縮 URL
165

日本の三井物産株式会社が、レニングラード州に新たなLNG(液化天然ガス)生産工場を建設するロシアのプロジェクトに関心を示した。ロシア・エネルギー省が発表した。

スプートニク日本

三井物産とのLNG分野における協力は、ロシア・エネルギー省のキリル・モロツォフ次官と、三井物産のロシア・豪州天然ガス事業部長の宮沢和政氏と、シェールガス事業部長の薙野太一を団長とする日本代表団との会合で協議された。

双方は「サハリン2」プロジェクトの実現についても議論した。同プロジェクトの枠内では今のところロシアで唯一のLNG生産工場が稼働している。
三井物産は三菱商事と同じく「サハリン2」の株主で、株12.5%を保有している。

関連ニュース

日本、ロシア極東に港湾開発のノウハウの伝授を提案

日本医療企業にロシア市場への「緑の回廊」が提供される可能性

タグ
経済, 露日経済協力, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント