14:37 2018年10月20日
バーレーン、過去最大の油田発見

バーレーン、過去最大の油田発見

CC BY-SA 4.0 / Wadiia / Manama
経済
短縮 URL
145

バーレーン当局は、同国で最大の油田を発見した。バーレーン通信(BNA)が報じた。

スプートニク日本

油田が発見されたのは、バーレーン西海岸沖のハリージ・アル・バーレーン。天然資源委員会の評価によると、同油田には「非常に大量のタイトオイルが埋蔵されており、バーレーンで確認されている埋蔵量を大きく上回る」という。BNAが伝えた。また大量の深層ガスが埋蔵されていることも発見したという。

これはバーレーンで1932年に原油生産が始まってから発見された最大の油田。

現在その成分、規模、採取の実行可能性を明らかにするために、同油田の詳細な分析が行われている。

タグ
石油, バーレーン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント