13:56 2018年10月21日
ジョージ・ソロス氏

ビットコインをバブルと評した億万長者、暗号通貨取引に着手へ

© REUTERS / Luke MacGregor
経済
短縮 URL
0 513

億万長者であるジョージ・ソロス氏のファミリーオフィスが、暗号通貨の取引を始めることを計画していると、事情に詳しい複数の筋の話としてブルームバーグが伝えている。

スプートニク日本

先にソロス氏は、ビットコインや他の仮想通貨について「典型的な金融バブル」だと評していた。ソロス氏によると、暗号通貨は安定的な貯蓄手段ではなく、高いボラティリティが原因で金銭の機能を果たせないという。

ブルームバーグによると、「Soros Fund Management」は既に数カ月前、ファンドでのマクロ投資を管理しているアダム・フィッシャー氏に対してデジタル資産の取引認可を与えた。それにもかかわらず、暗号通貨市場での積極的な活動に、会社は今のところまだ着手していない。ファンドでは公式のコメントを拒否している。

似たような見解は、米国の投資家で億万長者のウォーレン・バフェット氏や、JPモルガンのジェームズ・ダイモンCEO、その他の権威ある金融業者も述べている。

関連ニュース

タグ
投資, 金融, 経済, ビットコイン, 仮想通貨・暗号通貨
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント