03:35 2018年08月16日
孫正義社長

日本の長者番付が発表される

© AFP 2018 / Kazuhiro Nogi
経済
短縮 URL
0 28

フォーブス誌が発表した日本長者番付によると、日本1の富豪はソフトバンクグループの孫正義社長になった。2位はファーストリテイリングの柳井正社長となった。

スプートニク日本

同誌によると、今年3ヶ月までの12ヶ月で日経平均株価は7%上がり、対ドルで6%の円高になった。さらに、外国人観光客の数が過去最高となった結果、長者番付の8割の資産が1年前より増えた。同誌は、超富裕層にとって素晴らしい1年を反映したものだと指摘。

ベルナール・アルノー氏
© AFP 2018 / Martin Bureau
目立って喜ばしい年となったのはソフトウェア、製造、小売、化粧品の業界だった。

新たに番付入りした人もいる。1人は化粧品メーカー「ノエビア」の大倉昊創業者で、もう1人は佐川急便株式会社であるSGホールディングスの会長、栗和田榮一会長となった。

番付から落ちた人もおり、スマートフォンゲーム開発企業コロプラを創業した馬場功淳や京セラ創業者の稲盛和夫などが落選。

孫正義の資産は219億ドル(約2兆2930億円)、柳井正の資産は193億ドル(約2兆210億円)となっている。

関連ニュース

中国一の富豪 貧しかったあの頃が一番楽しかった…

タグ
経済, 番付・ランキング, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント