10:48 2018年11月19日
石油

国際原油価格が上昇 米国の対イラン制裁懸念から

© Flickr/ Jeremy Buckingham
経済
短縮 URL
0 01

国際原油価格は24日、米国の対イラン制裁の決定待ちの状態とOPEC加盟・非加盟国の採掘縮小の取り組みがハイレベルで遂行されていることを背景に値上がりしている。

スプートニク日本

日本時間14時49分の時点でブレント原油6月先物価格は0.23%高の1バレル74ドル88セントに、WTI原油6月先物価格も0.44%高の1バレル68ドル94セントの値を付けている。
前日月曜、ブレント原油価格は2014年11月以来初めて1バレル75ドルの指標を上回っていた。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント