09:43 2018年06月21日
サハリン

専門家らは、ロシア本土とサハリンはトンネルではなく橋で結ばれるべきだと考えている

© Sputnik / Artem Zhitenev
経済
短縮 URL
290

ロシアのソコロフ運輸相は、ロシア本土とサハリンを結ぶ橋の建設について専門家から3つの案が政府に提出されたことを発表した。

スプートニク日本

運輸相によると、橋建設プロジェクトの費用は数千億ルーブルとなる見込み。

ロシア本土とサハリンを結ぶ輸送手段は鉄道になると考えられており、ロシア鉄道はすでに橋建設に向けた実現可能性調査の準備を整えた。580キロ以上の鉄道が建設される見込み。

プーチン大統領は、既存のバイカル・アムール鉄道とシベリア鉄道の近代化や、本土とサハリンを結ぶ鉄道橋の建設が、ロシア極東を世界の最も重要な物流拠点の1つに変えるのに役立つとの確信を示している。

関連ニュース

サハリン・北海道つなぐ鉄道敷設 日本は提案具体化を期待

タグ
経済協力, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント