14:31 2021年06月23日
経済
短縮 URL
0 11
でフォローする

21日、世界の原油価格が上昇している。投資家らが米中貿易関係の緊張緩和に関する報道に反応している。

スプートニク日本

日本時間14時42分の時点で、北海ブレント原油先物7月限の価格は0.7%高の1バレル=79.06ドルまで値上がりし、WTI原油先物7月限の価格は0.69%高の1バレル=71.86ドルまで上昇した。

米国のムニューシン財務長官は20日、米中が互いに関税措置を保留することを確認し、貿易交渉における大きな進展を指摘した。また財務長官によると、中国は「多くの商品」に対する関税を引き下げることを約束したという。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント