16:13 2018年12月16日
原油

国際原油価格が安値続伸 OPEC合意の縛りが軟化の可能性に反応

© Flickr/ Nestor Galina
経済
短縮 URL
0 20

国際原油価格は28日、OPEC加盟国・非加盟国合意での取引が緩められる可能性があるとのニュースに反応し、2.5%程度値下がりしている。

スプートニク日本

日本時間13時59分、ブレント原油8月先物価格は1.74%安の1バレル75ドル14セントに、WTI7月先物価格も2.45%安の1バレル66ドル22セントの値を付けている。先週金曜も3~4%安で取引を終えている。

ロシアのアレクサンドル・ノヴァク・エネルギー相は25日金曜、ペテルブルクの国際経済フォーラムで演説したなかで、OPEC加盟国・非加盟国合意枠内での産油量の拡大は、そうした決定が行われる場合、今年第3四半期から徐々に開始される可能性があると述べていた。

タグ
金融, 石油, 経済
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント