15:55 2018年12月14日
世耕弘成経済産業相(アーカイブ)

米関税は世界市場に「深刻な混乱」引き起こす=日欧が非難

© Sputnik / Grigoriy Sysoev
経済
短縮 URL
234

輸入車への米国の関税は世界貿易に大きな打撃を与えるだろうと、マルムストローム欧州委員(通商担当)と世耕弘成経済産業相が31日、共同声明を出した。

スプートニク日本

共同声明は「これは世界市場に深刻な混乱を引き起こし、WTO(世界貿易機関)のルールを基にした多角的貿易体制の終焉へと導きかねない」としている。

さらに「両大臣(マルムストローム氏と世耕氏)は鉄鋼とアルミニウムへの追加関税や割当枠に関し大きな懸念を共有した。関税と割当枠について、双方は国家安全保障という根拠の下では正当化されないと考えている」と共同声明は続く。

ロス米商務長官は31日に記者会見を開き、6月1日よりEU、カナダ、メキシコからのアルミ製品と鉄鋼製品に輸入関税をかけると表明した。

トランプ米大統領が鉄鋼製品とアルミニウム製品に関税を導入すると決定したことは、ほぼ全ての貿易相手国との関係をこじらせた。相手国は関税導入の場合には報復措置を取ると警告している。

関連ニュース

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 経済, 世耕弘成, 欧州, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント