18:41 2018年09月26日
国際航空運送協会(IAEA)のアレクサンドル・ドゥ・ジュニアック会長

航空産業、米による産業衰退を懸念

© AFP 2018 / Fabrice Coffrini
経済
短縮 URL
142

世界の航空会社は、貿易をめぐり高まる緊張が航空分野や世界経済に打撃を与えるおそれがあると懸念を示した。ロイターが報じた。

スプートニク日本

エアバス社の民間航空機部門責任者のエリック・シュルツ氏は、航空産業は人びとが自由の旅行し、市場が開かれていることで存在していると指摘。「これは世界的な産業だ。制限措置は私たちの顧客を含む全ての人に制約をかすため、否定的に影響する」と述べた。

国際航空運送協会(IAEA)のアレクサンドル・ドゥ・ジュニアック会長は、鉄鋼製品に新たな関税を導入した米国の行動に懸念を示し、「貿易量を減らし、結果的に乗客の移動を制限するあらゆる措置は悪いニュースだ」とした上で、「貿易、移住、旅行を制限するほど、この産業にとっての繁栄は少なくなる」と指摘した。

世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)のグロリア・ゲバラ・マンソCEOもまた、不安定性によって、航空産業の主要な収益であるビジネス旅行の需要が抑制されると懸念を示した。

関連ニュース

タグ
航空, 経済, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント