09:37 2018年06月21日
インドとパキスタンの加盟を経て、上海協力機構(SOC)はさらに強力に、強固になった。安全保障、及び地域発展に対してSOCが有する責任は一層強まった。SOC首脳会議開会式で習近平国家主席が述べた。

習氏、上海協力機構の発展の道を語る

© Sputnik / Sergey Guneev
経済
短縮 URL
1103

インドとパキスタンの加盟を経て、上海協力機構(SOC)はさらに強力に、強固になった。安全保障、及び地域発展に対してSOCが有する責任は一層強まった。SOC首脳会議開会式で習近平国家主席が述べた。

スプートニク日本

SOC首脳会議は中国の青島で、9日から10日にかけて実施されている。当会議の成果として、およそ20の共同声明への署名が予定されている。青島宣言がそのうちの1つをなす。

ウラジーミル・プーチン露大統領は、上海協力機構(SOC)サミット開催時、イラン、パキスタン、ウズベキスタン、ウズベキスタンと2国間協議に臨む。
© Sputnik / Vladimir Astapkovich
習氏は開会式で、「SOC加盟国の増加を受け、我々はさらに強力に、強固になった。国際社会はSOCに対し、これまで以上の関心を向け、期待を寄せている。従って我々は安全保障、及び地域の発展と繁栄に一層の責任を負うことになる。」との声明を出した。

同氏はまた、「我々は他のSOC加盟国と共に、安定した、長期的な成長へ向け尽力していく用意がある。インド、そしてパキスタン加盟後初となる今回のSOC首脳会議は歴史的意義をもつ」と述べた。

関連ニュース

メドヴェージェフ首相「必要なのは世界経済における行動の統一ルール」

中国 上海協力機構の自由貿易圏創設の加速を提案

タグ
上海協力機構, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント