13:12 2018年06月21日
A security officer overlooks a street from a rooftop of the OPEC headquarters in Vienna. (File)

ロシア、減産緩和を提案

© AFP 2018 / JOE KLAMAR
経済
短縮 URL
0 61

ロシアは石油輸出国機構(OPEC)加盟国に対し、石油採掘量を2016年10月の生産水準にまで戻す提案をする意向を明らかにした。

スプートニク日本

OPEC加盟国、及び非OPEC主要産油国への提案には、3ヶ月以内に石油採掘量を2016年10月の生産水準へ戻すことが含まれる。当提案では、日量180万バレルの増産が見込まれている。

アンゴラ、メキシコ、ベネズエラ、そしてメキシコが然るべき生産水準に達することができないという状況から、市場に対する供給量の増加は目標の180万バレルを下回ると指摘されている。

OPEC加盟国、及び非OPEC主要産油国は2016年末、2016年10月の生産水準を基準として、石油採掘量を1日あたり180万バレル減産することで合意した。ロシアは30万バレルの減産が義務付けられている。なお、当合意は2017年からすでに二度延期されている。

一方、ベネズエラや他の多くの国々の大幅な減産により、「減産合意」の全体の履行水準は100%を超えている。当合意の超過遂行を受けてOPEC加盟国は減産緩和を計画している。当問題は6月22日から23日にかけてウィーンで開催予定のOPEC協議会合で解決される。

関連ニュース

OPEC 10の非加盟国が産油制限合意に参加の可能性 消息筋

タグ
経済, 石油, OPEC
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント