06:10 2018年07月20日
金(アーカイブ)

露中、露で金の共同採掘へ

© Fotolia / Ded Pixto
経済
短縮 URL
1120

ロシア政府は、ザバイカル地方にあるクリュチェフスキー金鉱産地の共同開発に関する中国との合意を承認した。メドベージェフ首相が命令に署名した。

スプートニク日本

産地開発にはインドも関心を示している。金採掘を行うのはインド企業「サン・ゴールド」の子会社である「ザパドナヤ・クリュチ鉱山」。プロジェクトに投資するのは中国の「中国黄金集団」だと、ザバイカル地方知事の広報部が発表している。

産地発展計画では、中国による投資5億ドルや、直接の採掘で700人分、関連する生産活動で1500人分の雇用創出を見越している。

計画されている鉱石の採掘量は、年間1200万トン超。この中から毎年、金6トンが取り出されることになっている。金の生産はロシア国内で行われると、発表では強調されている。

2018年初め、ロシアは中国を押しのけ、金の備蓄で世界5位を占めた。3月末には、ロシア中央銀行が備蓄する金の量が1890.8トンに達した。

「ワールド・ゴールド・カウンシル」のデータによると、ロシア中央銀行は2017年、金準備の拡大テンポで世界のリーダーとなった。昨年9月には、金の備蓄量は34.6トン増加して1778.9トンとなった。

タグ
経済協力, 経済, ロシア, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント