06:05 2018年11月22日
石油

原油価格、OPEC+の生産量に関する決定待ちと米中貿易摩擦をめぐる懸念で下落

© Fotolia / Sergiy Serdyuk
経済
短縮 URL
0 01

18日、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国(OPEC+)による生産量増加の見込みと、米中貿易摩擦をめぐる懸念で世界の原油価格が下落している。

スプートニク日本

日本時間14時51分の時点で北海ブレント原油先物8月限の価格は0.76%安の1バレル=72.88ドルまで下落、WTI原油先物8月限の価格は1.73%安の1バレル=63.73ドルまで値下がりした。

原油関連のニュースはこちら

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント