23:37 2018年11月19日
「OPECプラス」、増産には慎重な構え=イラク石油相

「OPECプラス」、増産には慎重な構え=イラク石油相

© REUTERS / Ramzi Boudina
経済
短縮 URL
0 01

OPEC加盟国と非加盟国からなる「OPECプラス」は、6月22日から2日間にかけてオーストリアのウィーンにて石油採掘量の減産緩和に関して議論する予定であるが、いまだ合意には至っていない。イラクのルアイビ石油相が記者団に伝えた。

スプートニク日本

ルアイビ氏は、「我々はまだ増産を検討していない」と述べたものの、イラクが増産を支持しているか否かについては言及しなかった。同国とベネズエラは先日、ロシアとサウジアラビアによる増産の提案に対して反対の意を示している。

22日、オーストリアのウィーンにてOPEC総会が開催される。一方、23日にはロシアを含むOPEC非加盟国が総会に参加する。当総会では、日量150万バレルの石油採掘量増産の可否について議論される。

関連ニュース

ロシア、減産緩和を提案

原油価格、OPEC・米シェール生産者会合の結果待ちで若干上昇

タグ
石油, OPEC, サウジアラビア, イラク, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント