16:42 2018年07月23日
原油

国際原油価格が上昇 市場はOPECプラスの増産決定をにらみ待ち

© Fotolia / Ded Pixto
経済
短縮 URL
0 0 0

国際原油価格は22日、上昇している。投資家らはOPECプラス産油国が取引枠内で増産合意の決定を出すのを見守っており、OPECプラス閣僚モニタリング委員会の会議結果を評価している。

スプートニク日本

日本時間14時14分の時点でブレント原油8月先物価格は1.15%高の1バレル73ドル89セントに、WTI原油8月先物価格も1.25%高の1バレル66ドル36セントの値を付けている。

豪州の投資トレーダー企業「AxiTrader」のグレグ・マッケンナ市場戦略主任はロイター通信からの取材に「トレーダーらにとって最も重要なのはOPECプラスの決定だが、おそらくこれは土曜日までははっきりとはしないだろう」と語っている。

原油関連のニュースはこちら

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント