20:44 2018年07月17日
OPEC、100万バレル増産で合意

OPEC、100万バレル増産で合意

© Sputnik / Alexey Vitvitsky
経済
短縮 URL
0 11

石油輸出国機構(OPEC)は22日ウィーンで開いた総会で、日量100万バレルの減産緩和で暫定合意した。

スプートニク日本

来月よりOPEC諸国、及び非OPEC諸国は、一部の産油国の増産が事実上不可能であることを考慮しつつ、増産へ向け足並みを揃えていく。

22日のOPEC総会に先立ちOPECプラスの共同閣僚監視委員会(JMMC)は、日量10万バレルの減産緩和を勧告している。

OPEC、及び非OPEC諸国は2016年末、ウィーンにて日量180万バレルの原油生産量の削減に合意した。そのうち30万バレルはロシアが占める。減産は2017年より始まり、これまでに2度延長されている。

関連ニュース

原油価格、採掘に関するOPEC+決定を待ち値下がり

「OPECプラス」、増産には慎重な構え=イラク石油相

ロシア、「原油減産」合意をほぼ達成=露エネルギー相

タグ
経済, 石油, OPEC
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント