11:56 2018年07月20日
国際原油価格が上昇 リビアのニュースに反応

国際原油価格が上昇 リビアのニュースに反応

© Fotolia / James Thew
経済
短縮 URL
0 0 0

国際原油価格は26日、リビアからの石油輸出に関する報道後、値上がりを開始。一方でOPEC+の増産への期待感から抑制がかかり、急上昇にはなっていない。

スプートニク日本

日本時間14時14分ブレント原油9月先物価格は0.19%上昇し、1バレル74ドル69セントに、WTI原油8月先物価格も0.29%上がって68ドル28セントの値を付けている。

値上がりを支えているのはリビアの石油輸出に関するニュース。25日、ハリファ・ファフタル総司令官率いるリビア軍が臨時政府連合にリビア東部の油田および港の管轄を引き渡すことが明らかにされた。

一方でOPEC+が先週末、23日に合意に達して以来、トレーダーらは増産開始ににらみを利かせており、これが価格上昇に歯止めをかけている。

原油関連のニュースはこちら

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント