22:40 2018年07月19日
原油

原油価格、前日の顕著な上昇後に下落

© Flickr/ Nestor Galina
経済
短縮 URL
0 0 0

世界の原油価格は28日、国内の在庫が相当減少したとの米エネルギー省によるデータ公表を受けた前日の2~3%の値上がりの後、値下がりしている。

スプートニク日本
日本時間13時24分の時点で、ブレント原油9月先物価格は0.09%値下がりし1バレル77ドル39セント、WTI原油8月先物価格は0.32%下落し1バレル72ドル53セントの値をつけている。
原油市場では28日午前、27日に新たな米在庫週間データが原油価格の顕著な上昇を呼び起こした後、修正が見受けられた。米エネルギー省は、原油在庫の今年最も著しい1週間当たりの減少を発表していた。
また、28日の原油価格に対し追加的圧力を加えているのは、記録的に高い需要と納入の中断にもかかわらず、世界市場での供給がかなり大きなままであることの兆候だ。

原油関連のニュースはこちら

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント