13:13 2018年07月19日
中国語の雑誌、トランプ氏と習近平氏

米国製品 中国市場で優勢な地元ブランドからじわじわと後退

© AFP 2018 / Nicolas Asfouri
経済
短縮 URL
190

中国と米国が全面的な「貿易戦争」に突き進んでいる間に中国で展開する米国ブランドは大きな脅威に直面している。イノベーション技術を有す中国のライバル企業は中国政府のサポートを得てのし上がってきており、これが米国企業が中国市場で稼ぎ出す数千億ドルを奪おうとしている。

スプートニク日本

中国諸都市に暮らす4万世帯に行った世論調査では、オムツの「パンパース」、歯磨き粉の「コルゲート」、ベビーフーズの「ミール・ジョンソン」は過去5年で中国市場で占める割合を10%失っていることが明るみになった。これに反して中国製品は日用品の国内市場のほぼ4分の3を占めた。

ロイター通信によれば、これと同じ状況はほかの品目でも起きている。シンガポールの市場調査企業「キャナリーズ」の調べではiPhoneが中国スマートフォン市場に占める割合は2012年からお

よそ10%にとどまっており、Appleの製品は中国の電話機メーカー「Oppo」、「 Vivo 」、「 Huawei」に凌駕されている。

関連記事・ニュース

タグ
テクノ, 中米関係, 戦争・紛争・対立・外交, 経済, Apple, 米国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント