07:40 2018年07月16日
ビットコイン

ビットコインは投機「バブル」 ノーベル経済学賞受賞者

© REUTERS / Benoit Tessier
経済
短縮 URL
0 10

ビットコインは経済現象である他に、「経済と年齢に関する」特徴に沿って広まる類稀な「社会運動」であると、ブルームバーグとのインタビューで26日、ノーベル経済学賞受賞者のロバート・シラー教授が述べた。

スプートニク日本

ノーベル経済学賞受賞者で、暗号通貨を最も激しく批判する一人であるシラー教授は、ビットコインが「類稀な社会現象」であると述べた。シラー教授は、ビットコインを巡る人口動態に特別な注意を向け、「東海岸では、西海岸と比べてビットコインの人気は低い。シリコンバレーでは人気がある。これは社会運動、熱狂の流行病、投機的『バブル』だ」と述べた。

シラー教授の見解では、投資家の間での投機的動きの高まりや、ビットコインを利用して急速に豊かになれる可能性があるとの意見が基本的な原因となって、暗号通貨はあまりにも多くの関心を惹きつけているという。

大部分のノーベル経済学賞受賞者もまた、暗号通貨に対して懐疑的な考え方を持っている。例えば、ジャン・ティロール氏はビットコインを「内的価値を欠いた資産」、リチャード・セイラー氏は「広範な思い違い」と呼び、一方、ジョセフ・スティグリッツ氏は、初の暗号通貨であるビットコインを完全に禁止するよう呼びかけた。

関連ニュース

タグ
ビットコイン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント