04:37 2018年07月20日
ガスプロム、天然ガスパイプライン「パワー・オブ・シベリア」の生産能力拡大を検討

ガスプロム、「パワー・オブ・シベリア」の生産能力拡大を検討

© Sputnik / Alexei Druzhinin
経済
短縮 URL
0 71

露国営ガス会社「ガスプロム」は東シベリアから中国国境を繋ぐ天然ガスパイプライン「パワー・オブ・シベリア」の生産能力拡大を視野に入れている。ガスプロム代表取締役社長のアレクセイ・ミレル氏が伝えた。

スプートニク日本

ミレル氏は同社の株主総会後の記者会見で、「パワー・オブ・シベリアを利用して、今後中国へのガス供給量の増加を図る可能性がある。そのような可能性を我々は排除しない」と述べた。

ガスプロムと中国石油天然ガス集団(CNPC)は2014年、年間380億立方メートルのロシア産天然ガスを中国へ供給する合意文書に署名した。供給開始は2019年12月20日に予定されている。

関連ニュース

「ガスプロム」 日本へのパイプライン敷設を詳細に検討中

露ガスプロムのトップ、全自社株を売却

タグ
ガスプロム, 中国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント