13:13 2018年07月19日
ウラジオストク

沿海地方に日本のユニークな廃棄物処理技術導入へ

© Sputnik / Vladimir Kobzar
経済
短縮 URL
0 80

日本の澤山グループは、ロシア沿海地方の畜産施設にユニークな生物学的廃棄物処理用技術を導入する計画。沿海地方行政府が発表した。

スプートニク日本

澤山グループは、ごみから有機肥料を生産するための特別な細菌を使用しており、技術はすでに世界的に認められている。

沿海地方のアンドレイ・タラセンコ知事代行は、澤山グループの澤山精一郎代表との会談で、日本の技術を使用することへの関心を確認した。

タラセンコ氏は「我々は世界での実地経験を研究した。実際にあなた方の技術は、我々が期待している良い結果をもたらすだろう。特に我々が関心を持っているのは、大規模畜産企業の敷地内における生物学的廃棄物処理だ」と語った。

澤山氏は、現場での技術試験が必要だとの考えを表した。また同氏は、肥料は人間にとっても動物にとっても安全だと述べた。

タラセンコ氏は、沿海地方行政府の専門部署に試験用地を見つけるよう指示した。

露日経済協力関連のニュースはこちら

タグ
露日経済協力, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント