04:54 2018年10月23日
石油

国際原油価格が下落 トランプ氏の声明が原因

© Fotolia / Tarasov_vl
経済
短縮 URL
0 30

国際原油価格は5日午前、トランプ米大統領がOPEC諸国に対し、ガソリン価格の値下げを呼びかけたことから値下がりしている。

スプートニク日本

日本時間13時20分の時点でブレント原油9月先物価格は0.7%安の1バレル77ドル69セントに、WTI原油8月先物価格も0.34%安の1バレル73ドル89セントの値を付けている。

国際原油価格は、トランプ大統領が自身のツィッターでOPEC諸国はガソリン価格を釣り上げており、値下げを組織するよう呼びかけた後、レッドゾーンにある。これより前、トランプ大統領はマスコミに対し、OPECの原油市場の操作をやめさせねばならないと発言。トランプ氏はまた、OPECは産油量を日量200万バレルにまで引き上げるべきと指摘している。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント