22:59 2018年10月15日
原油価格、サウジからの報道で値上がり

原油価格、サウジからの報道で値上がり

© AP Photo / Hasan Jamali, File
経済
短縮 URL
0 22

世界の原油価格は20日、今年後半の世界の原油備蓄が顕著に減少するだろうとの、石油輸出国機構(OPEC)におけるサウジアラビア代表の声明後に値上がりしている。

スプートニク日本

日本時間14時32分の時点で、ブレント原油9月先物価格は0.28%値上がりし1バレル72ドル78セント、WTI原油9月先物価格は0.1%上昇し1バレル68ドル33セントの値をつけている。

投資家らは20日、OPEC加盟国と非加盟の主要産油国による「OPECプラス」の合意履行監視に関する技術委員会の委員長で、OPECにおけるサウジアラビア代表も兼務するアルアマOPEC理事による前日の声明に反応している。アルアマ理事は、国際原油市場の良好なバランスにもかかわらず、安定した需要と季節的要因が原因で、今年後半には備蓄の顕著な減少が見られるだろうと述べていた。

原油関連のニュースはこちら

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント