14:45 2018年08月19日
ビジネスマン(アーカイブ写真)

富裕層はどこでなぜ国籍を買うのか? ブルームバーグ調査

© Fotolia / Vadym Drobot
経済
短縮 URL
424

ブルームバーグは、同国の経済に投資することで国籍とパスポートを手に入れられる国をリストアップして発表した。リストは以下の通り。

スプートニク日本

  • オーストリア — 2370万ドル(約26億円)
  • キプロス — 240万ドル(約2億7000万円)
  • マルタ — 110万ドル(約1億2200万円)
  • トルコ — 100万ドル(約1億1100万円)
  • バヌアツ — 22万6千ドル(約2500万円)
  • グレナダ — 20万8千ドル(約2300万円)
  • セントクリストファー・ネイビス — 15万ドル(約1600万円)
  • セントルシア — 10万ドル(約1100万円)
  • ドミニカ — 10万ドル
  • アンティグアバーブーダ — 10万ドル

二重国籍は「最新のステータス・シンボルだ」とブルームバーグのインタビューに答えた、市民権コンサルティング会社ヘンリー&パートナーズのクリスチャン・カリンCEOは述べる。さらに、ヨットも航空機も持っていれば、「次に手に入れるのはマルタ共和国のパスポートだ」と説明する。同氏によると、2つ目の国籍は祖国で革命などが起きた際の保険として購入されている。

関連ニュース

タグ
番付・ランキング, 旅行, 経済
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント